トップへ > カツラ、植毛、育毛剤、すべてを実践した男のシンデレラストーリー > 育毛コースの効果はいかに?→結局増毛に

育毛コースの効果はいかに?→結局増毛に

薄毛に悩み始めたとはいっても、いきなりカツラというのはさすがに抵抗感がありました。「ひょっとしたら持ち直すかも」「きっと、ストレスによる一時的なものだ」———。そう信じたい気持ちもありました。そこで、まずは育毛コースから始めることにしました。料金は、増毛コースやカツラのコースと比べれば安価で、20数万円を現金で支払いました(回数制)。


育毛コースは、オイルマッサージ(頭皮から余分な脂分を排出させることを期待してのもの)、暖める/冷やすマッサージ(頭皮を刺激して血行を良くする効果を期待してのもの)、低周波マッサージ(頭皮をやわらかくすることを期待してのもの)などを組み合わせるメニューでした。


アートネイチャーのスタッフの説明によれば、人間の成長は20代前半で止まるが、頭蓋骨はその後もゆるやかに拡大し続けるため、頭皮がパンパンに張ってしまい、その結果、血行障害が起き、髪の毛が抜けやすくなるそうです。もちろん、遺伝的要素も強いとのこと。つくづく、母方のおじたち(薄毛三兄弟)の遺伝子が恨めしかったです。


マッサージ中はとにかく暇だ。本を読んだり、アイスコーヒーを飲んだりして時間をつぶすしかない。1回の施術は2時間弱くらい。たしかに、終わった後は爽快感があるし、なんとなく頭皮もやわらかくなったように感じました。


だが、期待していたような髪のコシの復活は実感できなかった。3週間に1回くらいのペースで施術を受けていたら、あっという間に購入済みの回数が減ってきた。そこで、アートネイチャーのスタッフに効果を実感できない旨を伝えると、驚きの言葉が返ってきました。


「育毛コースだけではよくて現状維持が精一杯。髪のコシや量が復活することは、まずないですよ」「育毛コースで現状維持しつつ、増毛コースで増やしていくのがオススメです」


愕然とする私。ちょっと待て。薄毛の相談をした時に、はっきりと「髪のコシや量を復活させたい」と伝えたはずなのだが。どうせ増えないのなら、その分の予算も増毛コースに振り分けて、よりたくさんの人工毛を作ってもらうこともできたのに。


しかし、もう引き返せない。「頭髪のV字回復」へのかすかな望みをつなぐためにも、約60万円を支払い、増毛に使う人工毛を作ってもらうことにした(かつらではなく、自毛に結びつけるもの)。色や太さを似せて作るために、サンプルに自毛が数本採取された。あとは、仕上がりを楽しみに待つだけだ。はじめての人工毛———。自毛にそっくりであってほしいと願わずに入られませんでした。


⇒ 次は「増毛の方法はいかに?またその出来栄えは?」