トップへ > カツラ、植毛、育毛剤、すべてを実践した男のシンデレラストーリー > ロニテン×アボダード×L-リジン=薄毛対策最強の組み合わせ

ロニテン×アボダード×L-リジン=薄毛対策最強の組み合わせ

多毛化が期待される「ロニテン」と、頭頂部のタイプの薄毛と額が後退するタイプの薄毛の抑制に効果が期待される「アボダード」を私は服用し続けました。私が調べた限りでは、世界中探しても、現時点においては、この組み合わせこそが薄毛対策の最強コンボのはずなのです。

毎日ロニテンを服用

私は副作用に細心の注意を払いながら、毎日ロニテン(5ミリグラム)とアボダードを1錠ずつ服用し続けました。
私の考えが正しければ、副作用は出ないはずです。


厚生労働省は、ロニテンとアボダードを承認できないのではありません。
カツラメーカーや植毛手術をするクリニックなどのビジネスを保護するために、承認しないだけなのです。
海外で医薬品として広く使用されている薬が、そうそう副作用が出てはたまりません。


無毛地帯がかなり縮小

私の考えはズバリ当たりました。
副作用は全くといってよいほどでないまま、最強コンボを服用し続けて3ヶ月が経った頃、微妙に髪のコシが強くなってきたのを感じました。
「ひょっとして、効果が出てきたのでは?」———。


そう考えた私は、洗面所の鏡の前に立って、カツラ(業界用語で言うところの「製品」)をはずすと、手鏡で自分の頭頂部を見ました。
すると、円形脱毛症のようになっていた無毛地帯が、かなり縮小してきているのを発見しました。
まだ地肌は見えます。しかし、もう、円形脱毛ではありません。
円形が崩れてきているのです。


AGA治療の専門医に「たぶん、この部分には地毛は復活しないでしょう」と言われた部分に、今、しっかりと地毛が生えてきたのです。
もちろん、この部分には2000本近い自毛植毛も行っています。
しかし、髪のコシは頭頂部全体から感じられました。「植毛だけでなく、ロニテンとアボダードの最強コンボのおかげに違いない」———。私はそう確信しました。


もし、このまま、髪のボリュームが全体的にアップし続けるのなら、この忌まわしい製品を約10年ぶりにはずせるかもしれません。
夢でしかなかった製品をはずす日が、突然、手の届くところに近づいたような気がしました。


補助的サプリメントを合わせて使用

私は、さらに最強コンボの効果を高めようと、補助的サプリメントを合わせて使用するようにしました。
(理由は不明ですが)薄毛対策には亜鉛が良いという情報を海外サイトで目にしたので、マルチビタミンの種類のうち、亜鉛が豊富に入っているものをドラッグストアで購入しました。


さらに、「L-リジン」というαアミノ酸のサプリメントも購入しました。
このL-リジンは、ロニテンの主成分であるミノキシジルの働きを助けると言われています。
いつしか、最強コンボは「最強カルテット」へと変わっていきました。


⇒ 次は「 体のあちこちから毛が生えてきた 」