トップへ > カツラ、植毛、育毛剤、すべてを実践した男のシンデレラストーリー > 体のあちこちから毛が生えてきた

体のあちこちから毛が生えてきた

「ロニテン」「アボダード」「亜鉛(の入ったマルチビタミン)」「L-リジン」という“最強カルテット"を服用して数ヶ月が経った頃、髪のコシやボリューム感のアップ以外にも、私の体に変化が現れました。

ひょっとして、“最強カルテット"の効果?

ある日、洗面所の鏡の前でひげをそっていると、なんと、右の耳たぶから一本の毛が生えているのを見つけました。
産毛などではない、しっかりした毛です。
見ようによっては、陰毛に見えます(ちじれているため)。


40年近く生きてきて、耳たぶにこんな毛が生えたことはただの一度もありませんでした。
「ひょっとして、“最強カルテット"の効果なのでは?」———。
そう考えました。というか、それ以外の理由が思いつかなかったのです。


今は自毛復活とカツラをはずすことが最優先

さらに、2週間ほど経って、入浴中に、今度は乳輪の部分から2本、毛が出ているのを見つけました。
男性に毛深い人は多いですが、私はというとその真逆。
胸毛など一本もないし、腕やすねの毛も、女性並みに薄いのです。
そんな私に2本とはいえ、乳毛が生えるとは・・・。


もちろん、こんな所に植毛した覚えはありません(植毛手術の全身麻酔中に、まさか医師がいたずらしたわけでもないでしょうし)。
“最強カルテット"により、確実に多毛化が進みつつあるのです。


胸毛が生えてくるのは正直いやです。サルみたいに毛むくじゃらになるのもいやです。
しかし、今は自毛復活とカツラ(業界用語で言うところの「製品」)をはずすことを最優先に考えるべきなのです。
万一、胸毛が生えてきたとしても、カミソリで剃ればよいだけだし、最終的にはメンズTBCで永久脱毛するという手もあるのです。


その頃の私は、付き合っていた彼女とも別れ、風俗にも行かず、ひたすら自毛復活に注力していました。
製品さえはずすことができれば、女性などどうとでもなると、超強気に考えていました。
自毛復活の兆しが見えたことが、私に自信を与えてくれていたのです。
幸いなことに、アボダードの副作用もなく、下半身はいたって健康でした。


製品をはずしたままでいるように努める

私は土日はできるだけ家にいて、製品をはずしたままでいるように努めました。
いくら“最強カルテット"といえども、製品に押さえつけらたままでは、伸びが鈍るかもしれないし、そもそも、ピンで自毛をはさんで固定することによる頭皮ストレスは軽視できません。


仕事の時は製品を付けるしかありませんが、それ以外の時はほとんどはずしていました。
近所のコンビニに行く時も、知人に会わないように気にしつつも、製品をはずしたままでした。
店員は気づくかもしれませんが、知ったことですか。
つまるところ、「増えるが勝ち」なのですから。


⇒ 次は「 髪の毛、増えてませんか? 」