トップへ > カツラ、植毛、育毛剤、すべてを実践した男のシンデレラストーリー > 普通の美容室で髪を切ってみよう

普通の美容室で髪を切ってみよう

カツラ(業界用語で言うところの「製品」)を着用していた10年間はもちろん、はずしてからも、ヘアーカットはアートネイチャーでやってもらっていました。しかし、アートネイチャーの度重なる引止め工作や「あれ買え、これ買え」というPRに辟易した私は、10数年ぶりに、普通の美容室で髪を切ってもらうことを決意しました。

普通の美容室で髪を切ってもらうことを決意

「なんだ、そんなことか」———。そう思う人が多いかもしれません。
しかし、考えてみてください。
アートネイチャー以外で髪を切るのは10数年ぶりなのです。


しかも、私の髪の下には、2度の植毛手術を経験した頭皮が隠れています。
約2センチメートル幅に切除して、毛根を採取した後頭部(耳の下の付近)には、縫合跡があるはずですし、2000本を植えた頭頂部にも、手術の際に針で付けられた何らかの傷が残っているかもしれないのです。


もちろん、美容室のスタッフもプロである以上、露骨に「あれ、お客様の頭皮、おかしいですね?」と聞きはしないでしょう。
しかし、もし、スタッフの表情が変わるのが鏡に映ってしまったら、さぞかし気まずい空気が、美容室内に充満するでしょう。
それに、植毛した部分の髪の生える方向が微妙に植えていない部分と違うことに気づかれるかもしれません。


普通の美容室で髪を切ってもらいました

ですが、幸いなことに、傷のことや髪の生える方向について、特に指摘はされませんでした。
スタッフの髪を切る手が止まることも、顔の表情が変わることもありませんでした。
ただ、かつてAGA(男性型脱毛)治療の専門医から、「たぶん、二度と生えてくることは難しいでしょう」と宣告された旧・無毛地帯については、「この部分、つむじが2つあるみたいになっていますね」と言われてしまいました。


多少ショックではありましたが、シャンプーをしてヘアスタイルを整えてもらうと、手鏡で頭頂部を見ても、つむじは1つしか見えませんでした。
「ロニテン」「アボダード」「亜鉛(の入ったマルチビタミン)」「L-リジン」という薄毛対策の“最強カルテット"を使い続ければ、まだまだ毛量や髪のボリュームは増えていくはずですから、それほど心配はいらないと、自分に言い聞かせました。


普通の美容室で無事ヘアーカットを終えて、私はさらに自毛復活に自信を付けました。
一歩、また一歩、薄毛の心配などつゆほどもしていなかった頃の自分に戻っていく感じがしていました。


息を吹きかけたくなる衝動に駆られる

この頃から、私は、街中や電車で薄毛の人を見つけると、ついつい、息を吹きかけたくなる衝動に駆られるようになりました。決して薄毛の人をばかにしているわけではありません。


「ちゃんとやるべきことをやれば、自分のように自毛は復活するのに。もったいないなぁ」———。
そんな思いから、むき出しになった他人の頭皮に、息を吹きかけたくなるのです。


⇒ 次は「 意を決して彼女にプロポーズ!!ただそこには少しの懸念が・・・ 」