トップへ > 髪にも頭皮にも優しい白髪染めとは? > 市販の白髪染めと自然成分の白髪染めはどちらが良いの?長所・短所を分析

市販の白髪染めと自然成分の白髪染めはどちらが良いの?長所・短所を分析

白髪が気になってきた。
そろそろ白髪染めで髪を染めようかな?
でも、自分にあった白髪染めって……?

白髪を染めたいと思ったら

手っ取り早く市販の白髪染めを買いに行きますか?
それとも、化学染料が気になるからという理由で、ネットで自然の成分の白髪染めを探しますか?

そもそも、市販の白髪染めと、自然の成分(天然植物成分)の白髪染め、いったいどちらが良い白髪染めなのでしょうか?

もちろん、このどちらにも短所、長所はあります。
ということで、今回は、この2種類の白髪染めにおける長所と短所を紹介したいと思います。参考になれば幸いです。


化学染料の白髪染めの長所


まず化学染料を利用した白髪染めですが、これの最大の特徴はコストパフォーマンスにあります。
1gあたりの内容量ではやはり天然成分の入ったものと比べると安く、軒並み2,000円台の物が多く見られました。

また、仕上がりに関してもしっかりと染まり、かつ手頃に出来る面を考えるとこれも化学染料を使った方に軍配が上がります。
染め上がりはともかく、色の抜け方が天然成分は早く、都度染め直す必要が出てきます。
使いやすさ・値段のお手頃さにおいては断然こちらが優れているでしょう。


化学染料の白髪染めの短所


逆に欠点として一番大きいのが化学物質による人体の影響でしょう。
最近はそこまで危ない物は出ていませんが、かつては化学染料の白髪染めに発がん性物質が混在していた事もあり、消費者が最も恐れている点ではないかと感じています。

また、肌が弱い人が使うと頭皮がかぶれたり痒くなったり、頭皮から染料がしみ出して羊水が濁り、胎児に悪影響が出るといったクチコミから化学物質に対する恐怖や嫌悪があまりに大きいことが伺えます。

決して、市販されている白髪染め=有害な化学物質が入っているというわけではありません。
ですが、肌の弱い人にとってはあまりオススメできない。これが化学染料の入った白髪染めの欠点といえるしょう。
(最近では低刺激の白髪染めも発売されていると聞きます。化学染料の白髪染めも進歩してきているのですね)


自然成分の白髪染めの長所


次に、自然成分の白髪染めですがこれは言うまでもなく体に優しい点が大きいでしょう。
使っているものは天然成分がメインになっており、それらが体に害を及ぼすといったクチコミは見る限りはありませんでした。
その上で、化学染料の白髪染めの欠点と相まって『白髪染めは天然成分の入った白髪染めにすべきだ!』というクチコミもまた多く見られました。


化学染料の白髪染めの短所


逆に欠点はやや高いことと、手に入れるのが難しいこと。そして色落ちが早い点でしょうか。

値段や流通に関してですが、利尻ヘアカラートリートメントを例にあげますと、この商品は店頭では見かけず、CMや通販での販売をメインにしています。
また、その他の天然成分入りの白髪染めでも同じことが言え、あったとしてもそのどれもが化学染料の入った白髪染めより値段が高くつきます。

その上で色が落ちるのがおおよそ1ヶ月ほどであり、化学染料のものと比べると色の落ちは早く、それがますますコストパフォーマンスだけで見た場合では大きな差となって響いてきます。
天然成分を主にし、化学成分を使わない分コスト面ではどうしても劣ってしまい、流通コストを抑えようとする為、普通に薬局へいってもなかなか手に入らない。
これが天然成分の入った白髪染めの弱点と言えましょう。


最後に


それぞれの利点と欠点を上げていきましたがいかがでしょうか?
そのどちらも優れている面もあれば、劣る点もあります。
最終的に選ぶのはやはり使う人自身であり、見極める必要もあります。自身の髪質や状態を考え、肌に合うかどうかも確かめた上で購入し、利用するようにしましょう。店頭ですと、薬局の店員に相談するのもまた一つでしょう。


さらに詳しい情報はこちら

【髪を傷めない白髪染め!】利尻ヘアカラートリートメントの今だけお得なキャンペーン情報はこちら


この記事を読んだ方にはこちらもおすすめです。
利尻こんぶヘアカラー(無添加)の長所・短所をまとめてみました