トップへ > 髪にも頭皮にも優しい白髪染めとは? > 白髪は隠すよりも染めてしまうおう!あなたに合った染め方はどれ?

白髪は隠すよりも染めてしまうおう!あなたに合った染め方はどれ?

白髪の発生には個人差があり、同じ年齢の方でも黒々とした髪をしている方もいれば、すっかり真っ白になられた方もいらっしゃいます。


こうした白髪の発生メカニズムは、研究の結果、メラノサイトの働きが鈍くなることにあり、その原因は遺伝や年齢に伴う体内機能の老化、そしてストレスが大きいということが分かってきました。

様々な白髪を隠す方法

こうした白髪を隠す方法は、一概にいってもその種類も多岐にわたります。
ウィッグで隠す方法や、白髪自体を抜いてしまう方法。後者に関しては私もやったことがあるのですが、白髪が増えてくるとそうそうやるわけにもいきませんし、ウィッグもまた白髪が増えると調整が大変だというお話も耳にします。


また、生える髪そのものを黒くする技術なるものもありますが、これは値段が張ってしまいがちです。


そのどれもが様々な意味で画期的で、かつ白髪染めを継続して使わずに済むという利点がありますが、やはりそれだけで通していくのには財政面でも厳しいものがあると思います。


白髪の染め方ってどんなものがあるの?

そして、白髪染めもまたこれと同じように多種多様な種類があります。ヘアマニキュアと呼ばれる液を直接髪に塗り込むタイプから、スプレー状のヘアカラーを直接髪に吹きかけるもの、ヘアカラーシャンプーのようなものなど、その種類は様々です。


ウィッグや白髪自体を抜く、生える髪を黒くするなどの「染めない」方法と、液やスプレーなどを髪につける「染める」方法をご紹介してきましたが、ここでは、この2つのうち、染める方である白髪染めについてより詳しくみていきたいと思います。


染め方① 「ヘアマニキュア」

サンカラーマックス』に代表される、いわゆる髪の毛に塗るタイプの白髪染めです。使い方は白髪の箇所にヘアマニキュアをつけた後、クシで伸ばしていくといたってシンプルな方法です。


この『サンカラーマックス』は白髪染めの中でも最近有名になりつつある、光で色が染まる(定着される)タイプの白髪染めであり、頭皮を傷めないという特色があります。ただし、付ける際は頭皮に付かないように気をつけましょう。


さらに詳しい情報はこちら

【光で染めて傷まない!】サンカラーマックスの今だけお得なキャンペーン情報はこちら


染め方② 「スプレー型白髪染め」

読んで字のごとく、ヘアマニキュアと同じく髪に直接吹きつけることで白髪を隠すタイプの白髪染めです。服などを汚さないような配慮が必要ですが、吹きつけた後5分程度で終わってしまうこの手軽さは、ヘアマニキュアと双肩を並べる存在だと感じますね。


また、細い髪を太く見せる為、外見上黒く太い健康な髪と見せる副次的な効果もある点も評価できます。


これもまた種類は様々ですが、その中でもイチオシなのが『即力110』です。ログウッドエキスを初めとした4種類の自然成分は白髪を隠すだけでなく、洗い落とした後は少しずつ白髪を染めていく効果もあります。


染め方③ 「ヘアカラーシャンプー」

利尻ヘアカラートリートメント』や『螺髪EXシャンプー』を始めとしたシャンプータイプの白髪染めです。上記の白髪染めと比べると、トリートメントと付いているだけあって、お風呂の時に使う物なので、すぐに染めたいという場合には向いていません。


ですが、生活習慣の1つに組み込まれているお風呂の時に使うということだけあって継続して使いやすく、そしてトリートメント成分も含まれている為、髪に非常に優しく、色の仕上がりも格別と言えましょう。


様々な白髪染めの一部分をここでは紹介しましたが、此処に書いた商品の他にも様々な種類の白髪染めはまだまだあります。ここで紹介した商品が合えばそれに尽きますが、ここを参考にいろんな白髪染めを探してみるのもひとつかも知れません。

さらに詳しい情報はこちら

【髪を傷めない白髪染め!】利尻ヘアカラートリートメントの今だけお得なキャンペーン情報はこちら