トップへ > 人気育毛剤の配合成分を徹底分析!効果を検証!! > サクセス≪薬用シャンプー≫の成分分析!本当は頭皮に良くない?

サクセス≪薬用シャンプー≫の成分分析!本当は頭皮に良くない?

サクセス
薬用シャンプー

36.jpg

◆オススメ度…★★☆☆☆
◆リスク…▲▲▲▲△

  • 地肌荒れリスク…高
  • 薄毛リスク…中
  • 臭気リスク…低

「皮脂ミクロ洗浄」で毛穴に詰まった脂をしっかりと洗浄。その後に使用する育毛剤がしっかりと浸透するようにしてくれます。キャップは直接頭皮に押し付けて使用するタイプです。

育毛剤を使用する方にとって毛穴洗浄は必須。

シャンプーそのものも、皮脂が取れた頭皮も爽快感たっぷり。頭の隅々をすっきりさせたい季節に。スースーとして爽快感があるので女性にも人気がでているようですが、成分的にはやはり男性の強い皮脂をターゲットとしたものです。

◆使用感…★★★★☆

  • 使いやすさ…A
  • 爽快感…A
  • 地肌への優しさ…C

(A=よい B=まあまあ C=わるい)」

地肌に直接付けて使用。いきなり刺激があるわけではないですが、やはりシャンプーの成分自体やさしいものではないのでしっかりと地肌を濡らしてからのほうがよいですね。泡立ちは普通によいものです。

石鹸で頭を洗ったときのようにキシキシしますが、トリートメントですぐに直ります。余分な脂を残さないので、毛髪などについていた脂も落ちたかのようにさらさらとした手触りになります。昔ながらの整髪料のにおいがして、「香り」とは言い難いものがあります。

◆効果実感度…★★☆☆☆

  • 髪が太くなる…×
  • 髪が生える…×
  • 髪にコシが出る…
  • 抜け毛予防…

あくまでも「皮脂が詰まって発髪の邪魔をしている」タイプの方にはよいというものでしょう。薄毛になる原因はそれだけではないので、自分がどのタイプであるのかをしっかりと自覚していないと頭皮のあるべき皮脂や栄養をとりすぎてしまう事になりかねません。

頭皮の脂はストレスや食生活から来るものである可能性があり、あくまでもこのシャンプーは出てきた皮脂を取り去るだけというもので、頭皮の細胞の状態をよくするなどといった根本的な解決には至らせてはくれません。

皮脂は取り去られた分さらに分泌しようとするものなので、頭皮のコンディションがよくなるように使うのではなく、よい状態をキープするためにずっと使い続けなければならない商品です。皮脂の量が特に多いわけではない方はきしみやぱさつき、かゆみの原因となってしまい、すぐに使用を中止する必要があるでしょう。

皮脂が詰まっていて発髪の邪魔をしていたという方は、確かにその後の育毛剤の浸透度はあがるでしょう。これ単体での効果は、なかなか期待できないかもしれません。

◆コストパフォーマンス…★★★★☆

サクセス薬用シャンプー スカルプDスカルプシャンプー
容量380ml350ml
値段698円4800円
1日使用量1回1回
使用期間約2ヶ月約2ヶ月弱

薬用スカルプDスカルプシャンプーと比較。1mlあたりの価格はサクセス1.8円、スカルプは13.7円となり、かなりコストパフォーマンスがよく、これがサクセスの人気を支えている大きな要因かと思われます。

皮脂の量にもよりますが、多くの方が1回の使用でそれほど多くの量を使わなくてもしっかりと頭全体が洗えることをかなえても、機能シャンプーとしては十分な価格でしょう。

ただし、安価に押さえられる要因はその成分にある可能性があります。やはり安全性が高い成分は、原料としては高価になってしまうことが多いのです。

使ってみての感想、効果

髪のべたつきがなくなり、さらりとした手触りになりました。しかしながらやはりこれそのものに育毛の効果はないと思います。毛穴がしっかりと呼吸してくれるせいか、抜け毛は減ったように思いますが、育毛剤との兼ね合いが重要なポイントであると言えるでしょう。

髪全体がべったりとしないので、一日の遅い時間になっても以前より髪がふわりとしています。これは助かりますね。髪が増えたわけではありませんが、増えたような感覚になります。香りは爽快感の演出と原料臭を消すためにつけているのだと思いますが、少し強め。

かといって長く髪に残るものでもないので、いっそのこと無香料にするかもう少し自然な香りにしてほしいところです。

総評

髪が太く、皮脂の分泌が激しい方には使えるシャンプーです。成分的に「よいシャンプー」とはいい難い部分があります。皮脂をごっそりと取り去ってしまうので、髪を守るべき脂もなくなります。

また、皮脂の不足による更なる皮脂分泌を促進してしまう場合もあり、自分がどのようなタイプの髪、頭皮なのか見極めてから使用するべきでしょう。使用感、成分共に刺激のあるシャンプーなのです。

長く使うことで本質が改善するのではなく、髪の状況をごまかし続けることにもなるので、頭皮のリセットとして何日かに1度使用する、夏場だけ使用するなどの工夫をしましょう。男性薬用シャンプーの中ではコストパフォーマンスがよいので、ふと思い立った時に使える自由さがあります。

成分分析

◆有効成分

有効成分とされる「グリチルリチン酸ジカリウム(2K)」は、炎症作用や抗アレルギー作用、ステロイド様作用、女性ホルモン様作用のある成分で、多くのシャンプーや石鹸などにも使用されています。

そのため、人体に対する影響は(統計的に)低いと思われます。ステロイドと似た作用があるという意味では注意が必要ですが、女性ホルモンのように人体のバランスを整える役割があるとすると、頭皮のケアにも重要な効果をもたらすと考えられます。

◆危険成分

ラウレス硫酸Na
洗浄剤です。「ラウレス硫酸」という極めて刺激のある成分を改善して生まれた成分ですが、基本的にはラウレス硫酸と変わらないといわれています。たんぱく変性作用があり、人体によいとは言えません。皮脂を取り去る強い作用があります。これを使うと安価にシャンプーができます。
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
界面活性剤です。匂いが強い原料で、香料を入れているのはこの匂いをごまかすためだと考えられます。また、アルコール系ですので肌を乾燥させ刺激を与える可能性が大きくなります。動物実験でも悪影響が確認されており、長期利用に好ましい成分ではありません。
エデト酸塩
皮膚、粘膜、目を刺激する石油を原料とする成分です。皮膚経由で吸収されることはないので、シャンプーにおいての使用は無害です。ただし、喘息や皮膚発疹などのアレルギーを起こすことも考えられ、アトピーの方は特に注意が必要です。
パラベンと香料
それぞれ1000人に2人程度が刺激として感じる可能性のあるものです。普段は平気であっても体調の崩れなどで急に反応が現れてしまうことがありますので、痛みを感じることがあればすぐに使用を禁止してください。

基本情報

皮脂ミクロ洗浄で毛穴につまったアブラを落として、育毛剤の浸透を助けます。フケ・かゆみを防ぎ、頭皮・毛髪を清潔に保ちます。液が頭皮にゆきわたるダイレクトタッチ式容器。汗のニオイを防ぎます。超爽快タイプのエクストラクールもあります。

配合成分

グリチルリチン酸ジカリウム*、精製水、ラウレス硫酸Na、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ジステアリン酸エチレンングリコール、グリセリンモノイソデシルエーテル、ラウリル硫酸塩、エタノール、塩化O-(2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル)ヒドロキシエチルセルロース、高重合メチルポリシロキサン(1)、軽質流動イソパラフィン、L-メントール、DL-リンゴ酸、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(16E.O.)、グリセリン脂肪酸エステル、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、ラウリン酸、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(25.E.O.)、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、ポリビニルアルコール、無水クエン酸、水酸化ナトリウム液、パラベン、香料

*は「有効成分」、無表示は「その他の成分」

⇒ 【サクセス】他のユーザーの評価が気になる方はこちらもご覧ください。