トップへ > その他育毛・植毛・カツラサロンの実際の評判は? > 増毛ネットを2ヶ月試した私が検証!増毛ネットのメリット・デメリット

増毛ネットを2ヶ月試した私が検証!増毛ネットのメリット・デメリット

ikumou.jpg

【 目次 】

  1. サロンに行く前に価格がわかる・十分な無料相談ができる
  2. スヴェンソン増毛法とは?
  3. 無料お試し期間でわかったこと

【安心の定額制】増毛ネットの今だけお得なキャンペーン情報はこちら

1.サロンに行く前に価格がわかる・十分な無料相談ができる

全国26ヶ所に「スタジオ」(一般的には「サロン」ですが、この会社は「スタジオ」と言う)を展開する「スヴェンソン」。総てのスタジオには「ヘア・コンシェルジュ」という、育毛や増毛、ヘアスタイリングなど、頭髪に関して広く知識と経験を持ついわば髪のプロがいます。

・・・とまあ、髪のプロがいるのはこういったスタジオ及びサロンではあたりまえのことですね。店舗に入ると彼らの導きによりその会社なりの方法で育毛や増毛についてセールスされるわけです。

だいたい何をすべきかひととおりを店舗スタッフ主導のもと決められた後、ばんと出てくる「見積書」、あるいは「価格表」。このシステムが信頼できない僕は、事前にその会社の取る育毛・増毛方法や店舗の情報、金額までを十分公開しているところを探しました。

その結果、「増毛ネット」を探し当てたというわけです。

価格がはっきりしている

まず金額がはっきりとわかるという点で他社に比べて非常に好感が持てます。

スヴェンソン 他社A
契約期間 1ヶ月ごと 1年間から
保証 スペア無料 スペア無料
料金 年会費 0円 約165,000円から
支払い回数 0回 12回
分割手数料 0円 約10,500円から
月額 9,870円 約14,800円から

月額の低さも注目ですが、「年会費がない」ゆえに「分割手数料もない」というところで大きな差が出ますね。無料の資料請求をすると、さらに詳しい価格表と、商品カタログが入っていました。

とにかく来店を、と促されるより、このように資料が揃っている上でこちらが来店しようという動機となる気持ちが生まれるほうが、ずっと不安もなく前向きに育毛や増毛に向き合えます。

「商品の違い」とはなにか?と疑問に思っていましたが、増毛の面積によるものであったり(ちょっとずつ増やすタイプなどがあります)、すっぽりかぶる「オールスタイル」であったり、そのような違いであることがよくわかりました。

無料相談から無料試着へ

その後、無料相談へ。都合のよい日を予約し、実際に最寄のスタジオに行きます。僕は自宅の最寄ではなく、勤務先の最寄のスタジオで相談することにしました。電話である程度話をしてあったので、スムーズに今後の増毛について話すことができましたね。

自毛を生かして、スタイリングでなんとかしたいという方には、「頭皮ケア&ヘアカットコース」もあります。こちらも進められました。「マイヘアソリューション」は金額的にも7,350円(平日であれば6000円)ということで手が出しやすいコースです。

確かに薄毛だと髪型も冒険できないのですが、逆にそれが薄毛を目立たせる結果になってしまうことが多いもの。他人に薄毛です、と伝えているような髪型を脱したい方にはぜひお勧めしたいところです。

しかし、僕はあえて興味があったスヴェンソン増毛法にチャレンジ。

ただ、このように(他社より安いとはいえ)いきなり高価なお金のかかる方法を提案されないことで、きちんとひとりひとりの最適なパターンを考えてくれているのだと思いました。

2.スヴェンソン増毛法とは?

さて、スヴェンソン増毛法とは一体どういったものなのでしょう。

「ヘアウィービングシステム(編み込み式増毛法)」というこの増毛法は、残っている自毛に特殊な3本の糸だけで毛を編みこんでいくというものです。金具や接着剤を使わないスヴェンソン独自特許技術として世界でも注目を浴びています。

以下6点のポイントが大きな特徴です。

  1. つけたまま1ヶ月間脱着不要
  2. ズレたり外れたりする心配がない
  3. 頭皮に風を感じるほどの通気性
  4. つけたまま、地肌までシャンプーできる
  5. 糸だけ使って編み込むから、地肌に優しい
  6. 整髪剤やヘアカラーでヘアスタイルも自由自在

これらのポイントは主に着けている人の感覚や自由度を示したものですが、違う視点から考えると他人から見ても自然であり、自毛との相違点が少ないということになります。僕が試着で最も感じたのは2であり、例えば無意識、無造作に髪をかき上げても何ら問題がありません。

これまで、どうしても髪に触れる際には神経質になっていたので(例えばタオルでごしごし拭くというようなことはできませんでしたね)、大変嬉しいことでした。

その他、自由に着け外しができる「フレックスシステム」や、すっぽりかぶる「オールタイプ」も選べます。僕のように今まで増毛を試したことがない人は編み込み式を選びやすいですが、既にかつらなどを使っており、それを使っていた時と生活やスタイルを変えたくないという方もいらっしゃるでしょう。そのようなことも含め、かなり選択の幅は大きいものになると思いました。

3.無料お試し期間でわかったこと

もし自分に合わなかったら?という不安解消のために、スヴェンソンは60日間の無料お試し期間を設定しています。僕としても、肌に触れるものなので試着だけの短い時間で判断するのはとても不安でした。約2ヶ月間、普段と変わらない生活をしてみて、その上で判断することができるのはとても有難いですね。

僕は夏の暑さが苦手なこともあり、そんなに髪を長くしていたくはないので、短くできるスタイルで増毛しました。今までの髪型とそこまでの変化は感じさせず、「ふわっとした髪型にしたのかな?」と思われる程度。

ただ、明らかに髪は増えていますけどね(笑) それだけ自然に増えたように見えるってことでしょうか。

髪が短いと逆にアラも発見しやすいところだと思うのですが、外見的な違和感は一度もありませんでしたし、家族に指摘されることもありませんでした。

娘に「ちゃんと地肌も洗えるの?」とは訊かれましたが。もちろんしっかり洗えます。とにかく夏は汗をかくので、洗えなかったら続けることはできません。

さて、2ヶ月を踏まえてメリットとデメリットをあげてみます。

無料お試し期間でわかったメリット

1.価格が手ごろである

入会費がないこと、月額が安価なことは大きいですね。入会金のように大きなお金がまとまって出て行くのはかなりの負担になります。初期費用として5万円から10万円かかりますが、それは入会金のある他社でも同じことですから。これもよく説明を受け、支払いに無理があるのであれば別のコースを頼むなどすればよい話です。

2.ずれにくく非常に自然である。

「ずれない」と書き切ってもよいほどしっかりしています。

ただ、僕は泳ぐことなどはないので、どれほどの耐久性であるかは状況や自毛の状況にもよるかもしれませんね。僕の場合(髪の長さはトップで平均7センチ、サイドで2センチ程度)は殆ど問題がありませんでした。

3.スタジオが楽しい場所である。

これはとにかくスタッフ教育のなせる業でしょうね。そして、スタッフの7割が実際にスヴェンソン増毛を愛用しているということで、「私の場合は・・・」などという会話がしょっちゅう出てくるのが安心できますし、とても参考になります。セールストークもありません。

デメリット

1.1ヶ月に1度、メンテナンスのためにスタジオに出向く必要がある

これは、どんな増毛やかつらでも必要なことですので、いい状況を保つためにも仕方のないことでしょう。ただ、できるだけ便利な場所にあるスタジオを選ぶことで時間的な問題は解消できます。

僕は職場の近くのスタジオを選んだので、困ることはありませんでした。気に入った美容院に通うのと同じですからね。欲を言えばもっとスタジオの数を増やして貰いたいというところでしょうか。

2.自毛の心配

自毛に結びつけるので、これを数年続けるとどうなるのか?という不安はありました。しかし、これもきちんと説明していただけるので今は心配していません。また、もしもあまりよくない状況になったとしてすぐに対応するためにも、月に1度のメンテナンスは必要であると感じました。

継続率98,5%の実績がものを言うところではないでしょうか。個人差、状況を鑑みつつ続けて行きたいですね。

以上のことを踏まえ、僕はスヴェンソンを継続することに決めました。

あまり隠したくないという気持ちがあり、家族には当然すぐに、そして親しい友人にも説明しましたが、増毛後の姿を見て「そのほうがいいね」といわれました。

この台詞は、実は「増毛ネット」のトップページにもあった言葉であり、僕としてはあまり現実的ではないと思っていたのですが、実際にそういわれるとかなり嬉しいですし、隠す必要もなく、ファッションのひとつ、髪型のひとつとして、という考えが腑に落ちたように思います。

今後もスタジオのみなさんときちんとコミュニケーションを取り、不安のないよう利用していきたいと思います。支払った以上の満足度を与えてくれるという信頼感があるからこそ、続けようと思いますね。

【安心の定額制】増毛ネットの今だけお得なキャンペーン情報はこちら