トップへ > 薄毛の人必見!!最新の育毛・薄毛事情&裏技 > 禁煙すると薄毛が治る?喫煙は髪に良くない?【調査】

禁煙すると薄毛が治る?喫煙は髪に良くない?【調査】

「禁煙すると薄毛が解消される」という噂がありますが、本当でしょうか?

タバコを吸っていても髪はフサフサの人がいる一方で、薄毛に悩むヘビースモーカーが多いのも事実。

そもそもタバコは体に害を与える嗜好品です。

体の一部である頭皮に悪影響を与えている可能性は否定できません。

今回は、そんな薄毛と喫煙の関係性について調べてまとめてみました。

喫煙と薄毛の関係は?

喫煙と薄毛にはどんな関係があるのでしょうか?

● ニコチンは頭部の血行を悪くする

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血液の循環を阻害します。当然 頭皮の血液の循環も悪くなるでしょう。

髪の毛は常に体から栄養をもらって生えてきます。その栄養を運んでくれる血液の循環が滞るので、頭部の血行が悪くなり抜けやすい髪の毛になってしまうのです。

禁煙すると血液の循環が改善され、髪の毛に必要な栄養が届きやすくなります。

● タバコを吸うと男性ホルモンが増加する?

アメリカのハーバード大学公衆衛生学部による調査の結果、「タバコを吸うと男性ホルモンが増加する」ことが明らかになったそうです。

AGAの原因の一つに、男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」に変化して毛根を攻撃することが挙げられています。

これが、「男性ホルモンが多い人は薄毛が多い」と言われているゆえんです。

禁煙すれば、喫煙による男性ホルモンの増加を防ぐことができますので、薄毛を改善させることができるかもしれません。

● 禁煙は試す価値がある

しかし、タバコを吸っている人すべてが薄毛に悩んでいるわけではないというのも事実です。

またその逆で、タバコを吸っていないのに薄毛に悩んでいる方も大勢います。

今の段階では、タバコが頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼしているとは断定できないのです。

しかし、もしあなたが薄毛に悩んでいて、なおかつヘビースモーカーなら、禁煙を試してみる価値はあると思います。

最近は、お医者さんで禁煙をすることができる「禁煙外来」があります。

禁煙外来は保険が適用されるので、8〜12週間で12,000円〜19,000円程度で治療を受けることができるのです。(健康保険3割負担として)

 

治療は3カ月で完了することが多いそうなので、まずは病院に行って相談してみてはいかがでしょうか?

喫煙が悪者にされる理由

「禁煙をしてみようかな」という方の後押しになるように、タバコがいかに健康に良くないかを改めて見てみましょう。

そもそもタバコは体に害を与える嗜好品です。薄毛うんぬんの前に、健康のためにも禁煙することをおすすめします。

● いろいろな病気にかかるリスクがあがる

タバコを吸った量と日数で表される、喫煙指数(1日に吸う本数×喫煙している年数)が高ければ高いほど、ガンになる確率が高くなります。

指数が700を超えると、ガン・呼吸器疾患・心筋梗塞・脳血管障害が増加していくと言われています。

さらに指数が上がると、COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)の肺気腫や気管支喘息といわれる症状も加わってきます。

ただし一気にこのようになる訳ではなく、いくつかの段階があります。

  • 喫煙歴10年

    喫煙者特有のハリのない皮膚と青ざめた顔色になっていきます。また、独特の体臭を発するようになりますが、自分では気がつきにくいです。

  • 喫煙歴20年

    この時期に来ると、喉の咽頭あたりのいがらっぽさが気になってきます。この違和感を紛らわすため、ガムやキャンディー、炭酸飲料や甘いコーヒーなどを多く飲むようになります。

  • 喫煙歴30年

    痰がからんで咳き込むようになり、風邪をひくと喘息発作のように咳が止まらなくなってしまいます。

    そしてこの間に、呼吸器の機能はどんどん悪化していくのです。

    肺の細い気管の周囲に細かな炎症が起きて、気管内分泌が増加します。すると、肺胞に空気が入りにくくなり、血液中の酸素を運ぶ能力が低下するので、重い物を持った時や、階段を上ったり、少し走ったりしただけで息切れするようになるのです。

    人によっては、喫煙をはじめてから酸素ボンベを抱えて生活するようになるまで、25年かからないと言われています。またこのころになると、肺ガンや大腸ガンになるリスクもぐっと高くなります。


● 喫煙者の血中ビタミンCは非喫煙者の半分以下

体に悪影響を及ぼす有害物質は、タバコの煙の中にあります。

タバコの煙には4,000以上の化学物質が含まれていて、この中に約40種類の発ガン性物質と、約200種類の発ガン促進物質が含まれているのです。主なものを見てみましょう。

ニコチン … 血管収縮作用、依存性薬物、中枢神経の興奮と抑制の作用

タール … ベンツピレンをはじめとする、多くの発ガン性物質を含む

一酸化炭素 … 酸素の250倍の強さでヘモグロビンと結合し、血液に酸素を運ばせない

そして、タバコの煙には薄毛予防に必要な、ビタミンCを壊してしまう作用があります。喫煙者の血中ビタミンCの濃度は、タバコを吸わない人の40%しかないというデータもあるのです。

禁煙する9つ?のメリット

ではタバコを止めたら、本当に健康になれるのでしょうか?禁煙すると、以下のような変化があると考えられます。

  1. 呼吸器の状態が改善され、風邪をひきにくくなる
  2. 食べ物がおいしく感じられる(味覚が敏感になります)
  3. 喉のいがらっぽい感じが解消される
  4. 肺周囲の炎症が治まるので、息切れしにくくなる
  5. 肺活量が増える
  6. 顔の色ツヤが良くなる
  7. 独特の体臭が消える
  8. 発ガン率が低くなる

もちろんこれだけではありません。

薄毛の人は、改善が見られるかもしれないというメリットがあります。

禁煙はあなたの予想をはるかに超える、大きな収穫があるのです。